読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祭りのあとの

ゴールデンウィークも終わり、祭りのあとの静けさみたいな空気に包まれて、何もなかったかのように苦と隣合わせの日常が始まる。 今年のゴールデンウィークは毎年のそれとは違って、少し疲れた。何処かに遊びに行ったりはしてないが、無駄な時間は過ごしてな…

七つの大罪

七つの大罪と言えば聞いたことがある人も多いだろう。自分はその中で言えば、圧倒的に怠情である。つまり大罪を犯している。面倒臭いとか物事に意味を見いだすとたちまち怠惰の権化と化すのである。 大罪なんて言い方してるけど、その大罪を一つも犯してない…

砂時計

自分はあまり友人が多いほうではないと思っている。多分そうだろう。今まで何百人と出逢ってきて、今ちゃんと話したりする人数は片手で足りてしまう。幼稚園から高校までに出逢ってきた大体の人数から計算すると、その中で「友人」と呼べる人は1%ぐらいだっ…

暗い暗い日

目を覚ますと、外は曇天。何となく頭が痛い。 僕はあまり朝食を食べることができない。トーストを一口食べたら、次の一口に時間がかかる。コーヒー1杯で終わることもしばしば。それでもなんとか押し込んで胃に入れる。 自分の都合やらその日の気分で手の平を…

かわる

ずっと暮らしてきた町や友人が時間の流れの中で自分の知っているものとは違うものに変わっていく。「あそこのコンビニなくなったのか」とかそう言う目に見えるものが、潰れては新しくなっての繰り返しが時間の流れを感じさせる。 人の意外な一面を見た時、仮…