読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七つの大罪

 七つの大罪と言えば聞いたことがある人も多いだろう。自分はその中で言えば、圧倒的に怠情である。つまり大罪を犯している。面倒臭いとか物事に意味を見いだすとたちまち怠惰の権化と化すのである。

 

 大罪なんて言い方してるけど、その大罪を一つも犯してない完璧な人間はどこか、人間味に欠けている気がしてならない。欲のない人間はおそらく何もしないし、何も出来ない。そいつらと上手く共存する必要があり、人間性を構成する上で必要な要素なのである。自分の一部であるが故に、呪いみたいに付き纏う。気に入らないことがあれば、妬み、憤怒し、威張り散らすのだ。

 

 穏やかで達観している人であれ、美醜を含んだ複雑な感情を抱えている。今も自分の中で七つの大罪が犇めき合って、表へ出ようとする。