メソッド

 もう近所の公園から蝉の声が聞こえてきて、夏の訪れを感じる今日この頃。長袖で外に出たことを後悔しながら、夏を感じている。

 

  最近立て続けに悪いことが起きていて、今ちょっとネガティブになっている。そこで友人は嫌なことは考えないようにしてポジティブに考えるようにすると言っていた。人によってこう言う時の処理の仕方には違いがあるんだなと思った。自分は皮肉屋だから、むしろ考え込んで辛いことを直視して(※マゾヒストな訳では無い)、あとは時間が解決してくれるのを待つと言うなんとも回りくどい方法を取る。割り切ることができずに悶々と考え込む人間はこうやって処理する他ないのである。どうしても考えてしまう。時効になってやっと安心することができるのである。比較的外交的な友人はおそらく理解できないだろう。友人が理解できないように、自分も友人を理解できない。つまりお互いの方法を理解することに意味はなくて、そういう方法もあるのだと知ることに意味を見出す必要がある。今もこうやって文字に起こして処理している。

 

 暑さに加えて気だるさもあるが夏は好きだ。かき氷に埋まりたい。